Q&A 並行輸入と商標権侵害


Q 当社は,海外で販売されているブランド品を現地で購入し,日本国内で販売しています。最近,同業者から「商標権侵害で警告書を送付された」という話を聞きました。当社は,本物であることの確認はしていますが,それ以上は特に調べていません。注意すべきことは,どんなことでしょうか。
A ブランドの商標権を持っている会社の承諾を得ずに,そのブランド品を輸入することは,原則として,商標権を侵害することになります。もっとも,最高裁判例によって,次の3つの要件を満たす場合は,違法性がないとされています。この3つの要件を満たすことは,必ず確認する必要があります。商標権侵害は,損害賠償などの民事責任だけでなく,刑事罰もあり,責任は非常に重いものです。
 違法性がなくなるための3つの要件は,次のとおりです。
1 当該商品に付された商標が外国の商標権者等により適法に付されたものであること(適法性の要件)
2 外国の商標権者と日本の商標権者が同一人,又は法律的,経済的に同一視できる関係にあること(同一人性の要件)
3 当該商品と,日本の商標権者が扱う商品とが,品質において実質的に差異がないこと(品質管理の要件)
 なお,立証責任は,並行輸入をしている業者側にあります。
 また,万一,「警告書」を受け取った場合は,即答せず,専門家の意見を聴いたうえで,対応方針を決めてください。


相談予約受付中 0742-81-8361相談予約受付中 0742-81-8361
メールによるお問い合わせは24時間受付
メールによるお問い合わせ
労務税務定期便バックナンバー 労務税務定期便申込みはこちら
使用者側の労働問題を弁護士が解説!

生駒事務所(奈良・登美ヶ丘)

住所

〒631-0003 奈良市中登美ヶ丘6-3-3 
リコラス登美ヶ丘A棟202号
TEL 0742-81-8361 
FAX 0742-81-8362

電車

近鉄けいはんな線「学研奈良登美ヶ丘駅」南出口を出ると、目の前にrecolax(リコラス登美ヶ丘)があります。その2階(コンビニエンスストアの真上)に生駒事務所があります。

自動車

  1. 精華町、木津川市、京田辺市、交野市、四條畷市からは、国道163号線を使用し、「鹿畑町」交差点を南へ曲がって直ぐです。学研奈良登美ヶ丘駅の手前のガソリンスタンドを超えたところを左折し、同駅北口やリコラスの手前の細い道を南に進むと、右手にリコラスの時間貸駐車場があります(90分無料となりますので駐車券を当事務所にご持参下さい。)
  2. 第二阪奈道路を使用した場合は、「中町インター」を下りて北へ向かい、近鉄学園前駅の横を通って更に北へ向かって下さい。学研奈良登美ヶ丘駅の手前で側道に入り、同駅南口の正面を通り、道なりに右へ曲がったところにリコラスの時間貸駐車場があります(90分無料となりますので駐車券を当事務所にご持参下さい。)。

松柏法律事務所(大阪・北浜)

住所

〒530-0047 大阪市北区西天満1-7-20
JIN・ORIXビル 802号
TEL 06-6360-6500 
FAX 06-6360-6540

電車

京阪本線もしくは地下鉄堺筋線「北浜駅」を下車し、(京阪)26番出口から地上へ出て下さい。または、京阪中之島線「なにわ橋駅」を下車し、3番出口から地上へ出て下さい。

難波橋(通称ライオン橋)を北側にわたりきったところにある交差点(難波橋北詰)の北西角(わたりきって左側)にあるビルです。

自動車

阪神高速環状線の「北浜出口」から一般道に下りたところにある交差点(難波橋北詰)の北西角(わたりきって左側)にあるビルです。来客用の駐車場がありませんので、お近くのコインパーキングか弁護士会の地下(有料)に駐車した上でお越し下さい。


Copyright(c) SHOHAKU legal profession corporation. All Rights Reserved.